新卒の派遣社員が負け組とならないためには?

派遣社員という働き方を時給換算してみると、正社員よりも遥かに高い金額で働くことができます。
ですので、毎月のお給料も正社員の人と比べて高いお給料も望めます。
ですが、派遣社員は昇進もなければ賞与もないため、生涯賃金という長い目で見れば圧倒的に正社員のほうが稼げてくるのです。
今現在、派遣社員として働いている人の多くは、後には正社員としてきちんと働こうと考えていることでしょう。
もしくは、後々は直接雇用として正社員の座を狙っている人もいるかもしれません。
ここではっきり言えるのは、努力は最低限必要となりますが、その努力だけでは何ともならないことがあるということです。
そこで、新卒派遣者にとって派遣という働き方が自分のキャリアにどんな影響が及ぼすかを考えてみましょう。
そもそも、派遣というのは「派遣者労働法」という法律に則った働き方となります。
同じ派遣先の企業で働くことが3年しか許されていないのです。
当然のように派遣先もそのことを理解していますので、派遣社員を雇用するするためには上手に派遣労働を使っています。
ということから、たとえどんなに優秀な人材であろうと、3年が経てば情もなく契約を打ち切るのです。
それが大きな企業になればなるほど簡単に契約を切るのは間違いありません。
本当に直接雇用を狙うのであれば、その間に必要な資格を全て取得する、上司に必要だと思われる働きをする、コミュニケーションにおける人間関係を誰よりも上手にする、といったことを最低限できなければ直接雇用は難しいと思っていいでしょう。
上記のことが全てできたとしても、直接雇用を勝ち取れるのはほんの一握りであるのも間違いではありません。

負け組と呼ばれないためには

新卒で派遣社員で働いても、そこの企業には同じ年の新卒の正社員が一緒に働いているということを忘れてはなりません。
その同じ年の正社員から負け組みと呼ばれないためにも、派遣の働き方の良い部分をうまく利用して後々の正社員を目指さなければならないのです。
そこで大事になってくるのが、派遣という立場で安心せず、常に危機感を持って働くということになります。
たとえば、就職活動におけるスケジュールをきちんと立てておくということがあります。
派遣での働き方は、あくまでも正社員として働くまでの仮の働き方だということを念頭において働かないといけません。
正社員として働くことになれば、いつでも派遣での働き方から抜け出せるのです。
ですので、ダラダラと続けられるような職種で働くのは極力避けて、単発や期間限定での働き方ベストな働き方になるでしょう。

Posted by: 編集部