派遣会社ってどうやって儲けているの?人材紹介の仕組みとは?

登録している派遣スタッフの希望や能力に沿った派遣先を紹介する派遣会社は当然ながらボランティアでやっているわけでなく、ビジネスとしてやっています。
では、いったいどうやって儲けているのでしょうか?今回はそんな気になるビジネスのカラクリや派遣紹介の基礎知識についてご紹介しましょう。

まずは知っておきたい派遣紹介の基礎知識

派遣が正社員やアルバイトと大きく違う点として、雇用形態があげられます。
<派遣会社Aに登録したタカシさんが企業Bで働く場合>
雇用契約は実際に働く企業Bではなく、職場を紹介された派遣会社Aと結びます。
そのため、給料や福利厚生などの待遇も派遣会社Aから受け取ることになっています。
タカシさんは事前に掲示された待遇・期間でAのスタッフとして働きますが、職場での業務内容は当然企業Bが指示し、結果や人材が評価されていれば契約更新という形で働き続けることも可能です。

派遣会社はどうやって儲けているの?

派遣会社のビジネスの仕組みは卸値と売値の差額で儲ける小売業と同じです。
例えば、タカシさんを時給2000円で企業Bに紹介した場合、派遣会社Aはその中から利益分の500円を引いた時給1500円をタカシさんに支払うことで利益を得ています。
具体的に利益分として差し引く割合としては20%から30%くらいが多いでしょう。
ただ、多くの派遣会社がその利益の中から宣伝広告費や人材育成、福利厚生などに投資しているのであまり儲かっている会社はないと思います。

必ず複数の派遣会社へ登録しておこう

とはいえ、実際の金額から必要以上に利益を吸い取る悪徳な派遣会社は少なくありません。
また、自分に合った職場を探すためにも私は複数の派遣会社へ登録しておくことをオススメします。
派遣会社によって、求人の種類・得意な業界・福利厚生など様々です。
比較するためにもいくつかの派遣会社へ登録し、選択肢を増やしておきましょう。

派遣会社のサービスは積極的に利用しよう

実際に支払われる金額から利益分が引かれるからといって、私は派遣スタッフが損しているとは思いません。
多くの派遣会社はそんな利益分を以下のサービスとして登録者へ還元しています。
・保険や有給休暇などの福利厚生
・スキルアップ講座や試験への手当
・今後のキャリアや職場についてのカウンセリング
せっかく派遣会社へ登録しているのですから、こういったサービスは積極的に活用していきましょう。

Posted by: 編集部