派遣で働きながら、一人暮らしをする際に注意したいポイントとは

20代、30代というのは、そろそろ実家を離れて、1人の大人として自立していかなければいけない年齢ですが、そもそも自立していけるくらいお金を稼いでいないと、自立したくてもできないですよね。もちろん正社員として働いている人などは、何の心配もなく一人暮らしできると思います。では、派遣として働いている人はどうでしょうか? 手取りも正社員の人より少ないし、雇用の安定性にも欠けます。そんな派遣社員でも一人暮らしは可能なんでしょうか? 今回は、派遣社員が一人暮らしをする際のポイントについて、説明していきたいと思います。

収支のバランスを考えよう

当たり前のことですが、一人暮らしする前に収入と支出のバランスがとれているのか、具体的な数字をもとにシュミレートしてみましょう。例えば、月収22万の人だったら、税金や保険料を引かれて、手取りで18万円貰えるとします。そこから、家賃、水道光熱費、通信費などの固定支出を除くと考えると、自分で使えるお金はかなり限られてきますよね。しかも、派遣の場合、交通費が別途支給されるということは少ないので、交通費も自分で支払わなければいけません。さらに、そこから食費や交際費も出さなくてはならないため、しっかりと考えてお金を使わないと赤字になってしまいます。

節約して、できるだけ支出を減らそう

できるだけ支出を抑えて、少しでも余裕のある生活を送りたいものですね。そのためには、どんなことに注意したら良いのでしょうか? いくつかポイントを紹介したいと思います。まず、家賃の低い家を探しましょう。ですが、安ければ良いというわけではありません。家賃が安いということは、それだけ郊外にあるということ。その分、交通費がかかってしまいます。家賃と交通費、総合的に判断したいですね。そして、日々の節約。できるだけ外食は避けて、お昼ご飯は作ってきたお弁当を食べるなど、日々の生活から見直していきましょう。

いざというときのために貯金も必要?

派遣というのは不安定なもの。仕事があるときは良いですが、仕事がないときは収入も0になってしまいます。そのため、日頃から貯金をしておくようにしたいですね。もちろん多くの派遣社員の方々が、「その日暮らし」ならぬ「その月暮らし」のような状態であることは分かっています。ですが、少しでいいんです。毎月数千円ずつでも、貯金するのとしないのとでは全然違います。ちょっとお酒を我慢したり、趣味を我慢したりして、お金を使わないことを心がけてはどうでしょうか?

Posted by: 編集部