派遣会社を辞めるタイミングとは?もし引き止められたらどうする?

いま派遣で働いている人の中で、「これからも一生派遣として頑張っていくぞ」と考えている人って、どれくらいいるでしょうか? おそらくほとんどいないはずです。派遣というのは一時的な働き口に過ぎず、いつかは正社員になって、安定した生活を送りたいと思うのが一般的でしょう。では、派遣を辞めるタイミングって、どこがベストなのでしょうか? それを逃してダラダラと時間を無駄にしてしまうことのないように、今回は派遣会社を辞めるタイミングなどについて説明していきたいと思います。

派遣会社を辞めるタイミングとは?

派遣会社を辞める場合、大前提として契約満了時に辞めるのが普通です。契約期間内に辞めるのは派遣先に多大な迷惑をかけてしまいます。そして、派遣会社に退職の意思を伝えるタイミングですが、1ヶ月前くらいが良いでしょう。それより早くても派遣先に居づらくなってしまう可能性もありますし、それより遅いと迷惑をかけてしまいますよね。急な理由で辞めなくてはならないときは、2週間前に連絡して辞めることも可能ですが、基本的には1ヶ月前から動くようにしましょう。

派遣会社に引き止められたら

派遣会社というのは、派遣社員の正社員への転職を応援してくれるものだと思っていませんか? もちろんそういう派遣会社も多いですが、中には「辞められたら困る。残って欲しい」と派遣社員を引きとめようとしてくるような派遣会社もあるそうです。「いま人がいないから残って欲しい」「派遣先への体裁を保ちたい」など、派遣会社にもいろいろな理由があるのでしょう。しかし、もう既に内定をもらっている人は残るわけにもいかないし、そうでなくとも、派遣会社に残ることで得られるメリットなんてほとんどありません。そこはきっぱりと辞めるべきだと思います。では、どうすれば良いのでしょうか? まず、理解しておいてほしいのが、労働者には退職の自由があるということ。派遣会社がそれを制限することはできません。そのため、「次の就職先が既に決まっている」「就職活動に本腰を入れたい」などの理由をしっかりと示し、遺恨を残してでも辞めれば良いのです。そんなことよりも大切なものがあなたにはあるはずです。派遣会社からの慰留なんかに負けないで、正社員への道を突き進んで下さい。

Posted by: 編集部